矢野口あんどう歯科

ご予約・お問い合わせ TEL 042-401-6955

矢野口あんどう歯科ブログ

歯周病と全身疾患

2021年03月05日

歯周病を放置すると、心臓病、脳の血管障害、糖尿病にもなりやすくなります。

【 肺 炎 】

高齢の方では、物がうまく飲み込めなくなり、歯周病菌が肺に入ってしまい、増殖して肺炎を起こす。

【 脳 卒 中 】

動脈硬化を引き起こすことが原因で起こる。

【 心 臓 病 】

歯周病菌の作り出す物質が血液中に流れ、冠状動脈の壁を肥厚させ、血管がつまり動脈硬化を起こすのではないかと考えられており、心筋梗塞や狭心症を引き起こす原因となる。歯ぐきの健康な人にくらべ、2.8倍の危険率がある。

【 糖 尿 病 】

インスリンの働きを抑える物質が歯周病の場所に大量に集まっているマクロファージという細胞から出されます。

また、肝臓の糖の分解を抑え、膵臓のインスリン分泌障害を起こすといわれます。

重症の歯周病の場合、軽症の人にくらべ、2年後に糖尿病が悪化している確率が5倍高くなります。

糖尿病とは・・・

インスリン(栄養になる糖分を細胞内に取り込む要素の細胞に指令を出す)の働きが悪いため、細胞が栄養不良になり体の抵抗力が落ちてしまう病気。また、利用されない糖分が血液中に溜まり、血管や神経に障害がでる。

50歳以上の15〜20%の方が糖尿病が強く疑われれているといわれています。

ご予約・お問い合わせ 03-0000-0000